小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート

英検 満点解答実例

英検2級のライティングにおいて、満点を獲得した生徒の答案を、本人の協力を得て書き起こしました。

微々たる違いはあるかもしれませんが、ほぼ同じものと考えていただいて問題ないと思います。英検2級の取得に向けて勉強されている方だけでなく、その指導にあたられている方にとっても、一つの目安としてご参考になれば幸いです。

*掲載に関する経緯は➡こちらです。

TOPIC:
Some people say that schools should teach students more about saving and spending money wisely. Do you agree with this opinion?

POINTS:
●Future lifestyles
●Parents
●Security                2020年10月実施 英検2級 準会場

生徒の満点答案

I think that schools don’t have to teach students more about saving and spending money wisely. I have two reasons. First, there are many students who work a part-time. They can learn how important money is and how hard to make money is. Second, students may make some mistakes when they use money. But I think that it is important for students to learn from their mistakes. In short, I think that learning from their mistakes is the best way for them to grow up. For these reasons, I think that schools need not teach students more about saving and spending money wisely.(103語)

使用されている単語は簡単なものばかりです。文法に関しては、おおむね中学生範囲に収まっているようです。

英文が平易である故に内容が“スッ”と入ってくる分、説得力が増しているように感じられます。高得点獲得のカギは「そういうところ」にあるように思えてなりません。

一般的にエッセイでは「don’t」などの短縮形は使わず「do not」と書くように教えられますが、今回の結果を見ると、英検ではそういった細かいテクニカルな要素は重要でないと分かります。

さらに「文頭で等位接続詞は避ける」とか「TOPICはパラフレーズして書く」といった“お作法”も特に見られません。形式的なことより、自分の意見(理由を二つ)を正面からしっかり書き上げることが一番大切であると、再認識させられます。

最近の投稿


PAGETOP
Copyright © ジャムスクール武蔵境 | 小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート All Rights Reserved.