小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート

講師紹介 NEO-GENERATION

  • HOME »
  • 講師紹介 NEO-GENERATION

 代表  エンちゃん(俗名 高橋 裕)


桜堤生まれの桜堤育ち。旧桜堤団地っ子。根っからの武蔵野っ子であり、現在の住まいは塾の隣り。

大学在学時から、颯爽と学習塾の教壇に立つ。以来三十年余り、生徒達からは「エンちゃん」の愛称でからかわれ(*注 親しまれ)、日々教室内で熱い生活指導(*注 学習指導)を繰り広げている。

第二次ベビーブーム世代で、自ら熾烈な中学受験を経験している。その生々しくリアリティ溢れる逸話は、なぜか中学受験生だけでなく、非受験生からも賞賛を受けている。

井の頭線・駒場東大前駅が最寄り駅の、近年御三家入りを果たしたとも言われる中高一貫校の出身でありながら、大学入試のみならず、複雑化する高校入試システムにも精通する進学情報マニア(*注 プロフェッショナル)である。

趣味はスポーツ全般。地元の小学校では少年野球のコーチを務め、野球チームやバスケットボールチームにも所属している。マラソンにおいては、ガーミン(GPS機能付きの時計)を所有するほどの徹底ぶり!? 将来の目標はトライアスロン完走!真顔で語るので、もう誰も止めてくれない。

enpicところで、この「エンちゃん」という愛称であるが、これは小学校時代のあだ名“猿(さる)”が、中学生時代に音読み化して“猿(エン)”に昇格したというのが、現在では最有力説である。

 

 雑用主任  小池 正義


山梨県甲府市生まれ。海を知らない山猿っ子。根っからの山梨っ子ではなく、現在の住まいは杉並区。

大学在学時、国語と社会の講師を希望してこの世界の門を叩く。しかし講師一年目は、ひたすら食塩水の計算問題の予習に明け暮れる。

数年前から突然ジョギング愛好者となり、その副作用で人生3度目の禁煙に成功する。エンちゃんの所有するガーミン(GPS機能付きの時計)を密かに狙っている。

数年前、ボランティアとして翻訳業務を一度経験して以降、何を勘違いしたのか翻訳者を気取っている。困った中二病でもある。

本人曰く、「見た目は穏健、中味は小心。人畜無害の量産型。」
知人曰く、「見た目は中年、中味は中二。量産できない訳あり品。」

koi真相の程は、ご自身の目でお確かめ下さい。

卒業生スタッフ

吉田 萌々香


ジャムスクール武蔵境の記念すべき第一期生。

中学3年時、立ちながら勉強するという“立ち勉”スタイルを、当時まだ生徒だった金井先生と共に生み出した。ハイグレードなイメージの漂っていた当塾を、単なる変な塾に方向転換させた主犯格と言われる。

自他共に認める屈指の忘れ物番長であり、高校入試の前日に、筆記用具を全て教室に置いて帰った伝説は、あまりにも有名である。

教科書にノート、参考書類は言うまでもなく、財布に携帯電話、お弁当箱におやつ、手袋にマフラー、家の鍵に自転車の鍵、そして“自分の履いてきた靴”に至るまで、忘れ物のバリエーションには定評がある。

語学だけでなく、社会科にも深く精通しており、受験生時代には、センター試験の世界史で満点を獲得。「暗記力が抜群で、忘れ物が多い」という自己矛盾が、最大の売りである。

追記(2019/4)

現在はカナダに留学中のため、次回の授業は2020年以降となります。

 

金井 健太郎


同じく、ジャムスクール武蔵境の第一期生。

偏差値や模試の結果に左右されない“自由人”として名を馳せる。

ここ一番の大勝負!において超人的な集中力を発揮し、数々の受験の定石を覆してきた。その神々しい軌跡は、多くの人に勇気と感動をもたらしている。

「卒業後はスタッフとして搾取する」という当塾の罠を事前に見破り、湘南にあるビリギャルの母校に、ビリギャル男となって逃亡を図った行動派としても知られる。

ところが、実は市内から遠距離通学していたことが親友(太田先生)からリークされ、身柄を拘束された

今ではすっかり飼い慣らされて、生徒たちの良き応援団長として、面倒見の良い授業を展開している。

すでに名前でお気付きだと思うが、言わずもがな、彼こそが“立ち勉”の開祖。吉田先生と共に、当塾を狂わせた共犯者である。

 

太田 八雲

 
高校2年時よりジャムの仲間に加わる。

バリバリの理系に特化した高校に在籍しながらも、文系教科を得意とする変人として名を馳せた。

昭和初期の人間が使うような言葉を何気に日常会話にぶっ込み、講師を辟易させることに長けた逸材としても知られる。

現在は某国立大学の工学部に籍を置くが、ジャムでの担当教科は文系だらけである。和心に満ち溢れた理系として、教室に旋風を巻き起こしている。

スタッフとして搾取を始めた迎え入れた当初は、

「生徒たちに言葉が通じなかったら、どうしよう?」

という懸念があったが、最近では「失念していました!…あ、忘れていました!」と直後にきちんと“解答を添える”気配りを見せる故、それは杞憂に終わりそうだ。

追記(2019/4)

いよいよ3年目を迎え、ますます調子に脂がのってきた。あの伝説のオールラウンダー「福地先生」のDNAを受け継ぎ、現在は全教科を押し付けられている。

熱力学と漢文が一つのホワイトボードに混在する光景は、一見の価値あり。

 

伊藤 久遠

ジャムに通い始めたのは、中学2年生の時。

昔ながらの「硬派」なスポーツマン。小3の冬に地元のサッカークラブに入り、中学・高校と約10年間、サッカーに青春を捧げた。

周りからは「大学生になっても、厳しい体育会系に所属し、硬派な生活を貫くだろう」と思われていたが、

ポロっと「“ゆる~い”サークルに入って、きゃぴきゃぴなキャンパスライフを送りた~い!」と本音を漏らしたことが原因で、当塾に捕獲された。

以来、軟派更生プログラムの一環として、教室で労役を課せられている。

現在は少しずつ硬派を取り戻しつつあり、生徒たちの良き兄貴分として、男気のある授業を展開している。

硬派が完全に復活した頃には、ふんどし姿で授業をしていることであろう。

 

まゆ様(桑原 真由)

小学生の時からジャムに通う。生徒としての在籍期間は8年超。現在の講師スタッフよりもジャム歴は長い。

「知力・体力・人間力」において、非の打ちどころがない文武両道の体現者。歴代の講師から畏敬された。

生徒でありながらも、エンちゃんを抑えてジャムカーストの頂点に君臨し、いつの間にか「まゆ様」と呼ばれるようになった。

現在は東京から500キロ以上離れた大学で勉学に励んでいるが、「帰省中はジャムの講師として働く」という約束を強引に取り付けられてしまい、「神戸、時々ジャム」という生活を強いられている。

まゆ様が教室に姿を見せるのは、主にGWや夏休み・冬休み・春休みであるが、もし片道3時間の新幹線代をエンちゃんが支給できたら、毎週末の授業も可能となる。

夢が叶うことを、期待してやまない。

 

まゆ様の授業受講の心得!

    1. 通常の授業よりも、10倍以上礼儀正しく臨むこと。
    2. 質問する際は「せんせー!」ではなく、「まゆ様!」と呼ぶこと。

上記心得に反した生徒には、自主退塾が勧告される。注意するように。

 

卒業生スタッフSV(スーパーバイザー)

福地 庸介

ジャムスクールに生徒として10年以上在籍し、その後は講師として6年間在籍。誰もが認める、当塾最大の被害者で功労者である。

「人生の3分の2以上をジャムと共に歩む」という不遇な境遇を感じさせない温厚なオーラと、優しいスマイルがトレードマークである。

博学多才で、理系でありながらも古典を教えていたスーパーオールラウンダー講師。一つのホワイトボードに、古文の助動詞活用表と漸化式が混在する様は、もはや芸術の域とされた。

現在はレギュラーを退いているが、不定期的に来塾して後輩講師の指導や、特別授業などを行っている。

最近の投稿


PAGETOP
Copyright © ジャムスクール武蔵境 | 小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート All Rights Reserved.