はあ~…。」

夏期講習に入り、さっそく大きなため息をついていた中3生U君。

理由は大方想像できたので(*夏休みなのに、毎日勉強なんて~、といった類の愚痴だろうと)、励ましの声をかけました。

小池:「来年の夏休みには、好きなだけ遊びに行けるじゃないか!」

U君:「でも、せっかくの夏休みなのに、毎日勉強漬けなんですよ。」

小池:「勉強だけの夏休みなんて、人生で数回あるかどうか。普段は経験できないレアな状況に置かれているんだ。今はこの“人生の通過点”を楽しむことが大切だよ!」

U君:「それは分かっています。」

小池:「だったら、」

U君:「ただ、僕はため息をつくことも、大切な人生の通過点だと思っているんです。」

小池:「・・・。」

中学生とは思えない妙に説得力のあるお言葉に、ただ頷いた次第です。