小池:「だからぁ~、“あさげ”だよ。あ・さ・げ。インスタントのお味噌汁。知っているでしょ?」

T君:「なんですかぁ~、“あさげ”って~?」

小池:「お主、ゆるせーーん!!」

エンちゃん:「ここは殿中(教室)でござる!お控えなされよ!」

☆ ☆ ☆

「あさげ、時々めし。」

このCMを覚えている方は、いらっしゃるでしょうか?

味噌汁の“あさげ”をおかずにして白飯を黙々と食べるというCMで、放映当時は、かなり衝撃的でした。

私は昔から“あさげ”の大ファンです。時に「晩酌のおつまみ」にすることさえあります。

世の中の“のんべえ”の方々に、

「あさげ、時々ビール」

を広めたいと思っている程、あさげに対する愛情は深いといっても過言ではありません。

そんな私にとって、あさげの存在自体を知らないという中3生T君の態度には、かなりイラつかされました傷つけられました。

私はなんとかしてT君をぎゃふんと言わせてやろう!T君に“世界遺産である和食”を代表するメニュ「あさげ」「味噌汁」の素晴らしさを啓蒙してあげよう!と、復讐心使命感を抱くに至りました。

私とT君とのやり取りをニコッとしながら聞いていた高2のKさんに、援軍を求めたところ、

小池:「あさげ、当然知ってるよね?」

Kさん:「はい、知っていますよ~。美味しいですよね~。」

最高の援護射撃をいただきました。

小池(ニヤニヤしながら):「ほらほら~、K君。みんな知っているよ。知らない方がおかしいんだって~。」

K君:「だって、知らないものは、知らないんで~。」

ところが、その直後、

高橋:「若者は知らないかもしれないな。知ってるのは、うちらみたいな年寄りだけかも。」

Kさん:「・・・。」

エンちゃんから余計な横槍が入り、私は大切な援軍を失ってしまいました。

☆ ☆ ☆

埒が明かないので、iPadであさげの画像を拾って、T君にそれを見せました。

T君:「あ、さっき食べてきましたよ。うちは時間がないときは、いつもこれですよ!あれ、旨いっすよね~!」

小池:「・・・。なんだ、同士じゃないか!」

世代を超えた、不思議な連帯感の芽生えを感じました。

とは言えど、長年に渡って商品名を知らずに、“あさげ”を食してきたというT君。

良い意味でも悪い意味でも、偉人の素質を漂わせていると、私は感じてしまいます(援軍求む!)