syougatsu_ozouni全三日間に渡る正月特訓は、無事終了いたしました。

元日の夕食では、なんと隣家の「高橋様」から、お雑煮や生フルーツの差し入れがありました。

みんなで一緒に温かい“汁物”を口にしたい!という切なる願いが、ついに叶いました。

隣りに家があるという恩恵に、エンちゃんだけでなく(現在の平均通勤時間は5秒)、とうとう生徒もあずかってしまいました。

 

三日目の授業終了後、懐かしい卒業生が顔を出してくれました。

OG:「私が社会人ですよ~。本当に、いいんですかあ~?」

小学生の時から大学入学までジャムに通ってくれた生徒が、そんな冗談を口にしていました。

 

卒業生にとって、よき昔を懐かしむことができる場所であり続けたい!

改めてそう思います。

 

さあ、いよいよ冬期講習の後半戦が始まります。