character_candyいよいよ高校生の期末テスト対策が、佳境に入り始めました。

サッカー三昧の学校生活を送るI君も、今だけはテスト勉強三昧。

I君:「これ(Cindy)って人の名前だと思うんですけど、何て読むんですか?」

小池:「ああ、“シンディー”だよ。」

I君:「男ですか?」

小池:「えっ、どーしてっ!!」

I君:「響きが男っぽくないですか?」

小池:「そうなの?」

 

・・若者との感覚のズレをじわじわ噛みしめながら、

 

小池:「そういえば、Cindyの“i”を“a”に変えたら、Candy(キャンディ)になっちゃうね~。あ、キャンディだったら、男性のイメージは消えるよね?」

I君:「男女どちらにも合うような気がしますが」

 

・・さすがにこの感覚は理解できなかったので、

 

小池:「だ、だって、“キャンディ・キャンディ”のキャンディだよ?(もはや、日本語が意味不明)」

I君:「??」

小池:「アニメの“キャンディ・キャンディ”くらい、聞いたことあるよね?」

I君:「ありません。」

 

・・ジェネレーションギャップという現実を、まじまじと実感しました。

 

そんなやり取りを聞いていたエンちゃん。突然、私の援軍に回ってくれました。

高橋:「なんだとーっ、俺のカラオケ十八番を知らないというのか?」

小池:「!!」

一同:「・・。」

 

♪ そばかすっ なんて~、気~にっし~なっい~わ ♪

周りがドン引きしたことは、気にしてください。

私の記憶の中では、エンちゃんの十八番は“キューティーハニー”でした。どうやら最近、嗜好が変わってしまったようです。