eik3ジャムスクール武蔵境では、英検の準会場試験を実施しております。当塾の生徒さんだけでなく、一般の学生さんや社会人の方でも、お申し込みできます。

人が多いと“緊張してしまう”方、こじんまりした塾の教室で、エンちゃんの顔を眺めながら“ゆる~く”受験してみるというのは、いかがでしょう?緊張感が全くない少ないので、リラックスして試験に臨むことができますよ!

次回の準会場試験は、2017年6月3日(土)を予定しております。受験級は5級から2級です。3級と準2級に関しては、新たにライティングが導入された最初の試験となります。

受験をご希望される方は、5月11日(木)までにお電話をいただくか、「メールからのお問い合わせ・ご相談」より、ご連絡ください。

準1と1級に関しては、本会場のみの受験となりますが、お申し込みは、当塾からでも可能です。

3級と準2級に導入されたライティングに関しては、こちらの➡解答例が、多少でもお役に立てたら幸いです。

☆ ☆ ☆ ☆

三ツ矢サイダーの新CMですが、「トランペットを練習している人の背に、かけよってきた友人たちがぶつかるシーン」の危険性が指摘されて、消えてしまいました。

私は、クレーマーに怯えて何も挑戦できないような風潮は好きではありませんが、自分自身が金管楽器の経験者なので、今回の件は援護します(笑)

これって、本当に、危ないんですよ。

唇が接するマウスピースは、大半が真鍮製です。水道の蛇口と同じです。

水道の蛇口を咥えている人(普通いませんが)に、背後からぶつかるのと同じなんです。下手すると前歯が折れます。

現在、吹奏楽部で金管楽器を担当している生徒さんの99パーセントが、CMを見た瞬間、「まじかよ!」と驚愕したはずです。

金管楽器から何十年も離れていた私でさえ、ゾクッとしましたから。

もちろん、良い子のみんなは、真似してはいけません!

今回は、クレーマーがどうとかではなく、中止して正解だったのではないでしょうか。個人的にはそう感じます。

と、たまには真面目な話で終わってみようかと。

オチがないのが、オチです…。