aa「マリオカートはこれくらいにして、手術を再開しましょう。」
「彼は4回転ジャンプを飛ぶ、唯一の露出狂です。」

↑名著「試験に出ない英単語」に登場するシュール過ぎる例文は、一度読んだら頭を離れなくなります。

いつか“こんな面白い例文集を、真似して作ってみたい~”と、密かに羨望しておりました。この度、三周年のお祭りムードに便乗して、思い切って試作を始めた次第です。

三周年なので、目標333例文!毎日1つずつで、約1年。

現在は、辛口な意見をズバズバ言ってくれる生徒に見てもらい、率直に「O.K.」「ダメ」を出してもらっています。自分的にはOKだと思ったものが、ダメだったり、その逆もあったりで、若者の笑いのツボに戸惑う日々です。

そのつもりはなくても、「下ネタに聞こえる~」とお叱りを受けて消滅していく例文もちらほら。(お手本となる“試験に出ない英単語”自体、若干その“ノリ”がありますので。)

授業中、私のつまらないギャグに“同情”して笑ってくれる優しい生徒でさえも、この判定には、シビアに向き合ってくれます。ある意味で、有難いことだと感じています。

誤解を招きそうな“訳あり品”が散見するため(エンちゃん曰く、塾を潰す気かーー!)ウェブにはちょっと掲載できませんが、日に日に例文を増やしていく予定なので、興味のある方は教室で眺めてください。

完成するのは、いつの日になることやら。コツコツのんびりやっていきます。

(小池)

*P.S. 合格体験談が追加されました。予定では、2016年のアンカー走者となります。

前回追加されたY.Y.さんといい、今回のT.H.君といい、まるで大人の世界の事情を承知しているかのような、まことに希望にあふれた、素敵な体験談を寄せてくれました。本当に、ありがとう!