小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート

エン語録~そして伝説へ 10月17現在

  • HOME »
  • エン語録~そして伝説へ 10月17現在

en_chan

 

Last Update 2017.10.17

耳に入り次第、本人に無許可で随時更新中!

 

その92
― 授業の予定を尋ねた生徒に対して ―

「それは、ひみつのアッコちゃんだ。」

koike4これはフィクションではありません。現実です。

 

 

 

その91
― “今何時ですか?”と尋ねた生徒に対して ―

「おやじだ。」

koike4誰かもう、助けてください。

 

 

 

その90
― リア充という言葉に反応した生徒に対して ―

「君はリア充か?それとも寄生獣か?」

koike4後者は、人ではありません。

 

 

 

その89
― 生徒に「だんだん調子が良くなってきたな」と声をかけようとして ―

「だんだん調子づいてきたな。」

koike4あとで、シメるんですか?

 

 

 

その88
― 証明問題に対して ―

「この証明問題の複雑さを、今から単純に証明しよう…」

koike4言葉の響きが、なんか気持ち悪いです。

 

 

 

その87
― “コード”入力を求められて ―

「そんな、高度なこと…」

koike4できます。

 

 

 

その86
― ヲタ芸の話になって ―

「あれは、立派なスポーツなんだ!」

koike4目指せ!オリンピック正式種目入り

 

 

 

その85
― “印刷をお願いします”と言った生徒に対して ―

面接を希望するのか?三者か二者か?」

koike4耳鼻科の先生を交えて、四者で。

 

 

 

その84
― 吹奏楽部に所属する生徒に対して ―

「今度の試合はいつだっけ?」

koike4発表会です。

 

 

 

その83
― エアコンのスイッチを押しながら ―

「暑いなあ~、さあ、冷凍だ!」

koike4生徒を凍死させる気ですか?

 

 

 

その82
― 生徒に日曜日の予定を尋ねていて ―

「なにいっ、無視だとお?」

koike4模試です。

 

 

 

その81
― 茶道部に所属している生徒に対して ―

筋トレはしないのか?」

koike4茶道は、格闘技じゃありません。

 

 

 

その80
― 問題をスラスラ解いている生徒に対して ―

「もっと、一問一問、噛みしめなさい。採点が間に合わないじゃないか。

koike4そっちですか…。

 

 

 

その79
― “美味しくてほっぺが落ちるぞ~”と言おうとして ―

「美味しくてが落ちるぞ~

koike4

なんとグロテスクな…。

 

 

 

その78
― 家事の話になって ―

こう見えても、料理は苦手なんだ。

koike4

どう見えていると思っているんですか?

 

 

 

その77
― 過去問を解いている生徒に対して ―

「試しに、目をつぶって解いたら?

koike4

本日も、無茶振り全開!

 

 

 

その76
― “ワーク忘れた”と答えた生徒に対して ―

「お腹すいた?

koike4

本日も、正常運転。

 

 

 

その75
― 英単語の覚え方について ―

「まず紙に書き、それを大声で読み、叫べ

koike4

武蔵野の中心で英単語を叫ぶ。

 

 

 

その74
― 雑談中 ―

「俺は、世の中をフィーリングで生きている。

koike4そのフィーリングが問題です。

 

 

 

その73
― 3時のおやつと言おうとして ―

「3時のお昼の時間だ。

koike4食べすぎです。

 

 

 

その72
― 生徒たちと人生談義になって ―

「安心しろ!俺は人畜無害な変人だ。

koike4安心できません…。

 

 

 

その71
― 宿題が多いと文句を言う生徒に対して ―

「宿題は処方箋なんだ!

koike4薬の飲み過ぎは危険です。

 

 

 

その70
― “さあ、カモン!”と言おうとして ―

「さあ、キャノン

koike4コピー機は間に合っております。

 

 

 

その69
― 予定がダブルブッキングした時の対応に関して ―

「大丈夫!俺は分身できるんだから。

koike4猿者、ハットリくん!

 

 

 

その68
― 計算して、単位をつけ忘れた生徒に対して ―

「せっかく解けたのに、もっ“たんい”ねーなー。

koike4おやじギャグ、直球ど真ん中。

 

 

 

その67
― 逆数の計算を間違えた生徒に対して ―

「それじゃあ、ギャグ数だ…。

koike4ううっ…。ちょっと、面白いかも。

 

 

 

その66
― もう時間がないよぉー!と焦る生徒に対して ―

「1日ってのはなあ…、気合い次第で26時間になるんだ。」

koike4科学的にきちんと立証してください。

 

 

 

その65
― ある男子生徒に向かって ―

「まったく、近頃の男どもは、俺より足が長くて困る。」

koike4別に困りません。

 

 

 

その64
― “苦悶”の読み方を聞かれて ―

「公文へ行くもん♪」

koike4まさに苦悶です。

 

 

 

その63
― 早めに帰ってもいいですか?と聞かれて ―

「ハーモニカ?」

koike4空耳がひどすぎます。

 

 

 

その62
― 眠そうな顔をしていた生徒に対して ―

「洗面所に行って、顔で水を洗って来い!」

koike4無理です。

 

 

 

その61
― 男料理の話になって ―

「俺の十八番はソース焼きそば。お湯の捨て方にこだわりがある。」

koike4もういいです。

 

 

 

その60
― ぼーっとしていた生徒に、檄を飛ばし ―

「集中力が、ピカイチでゼロだな!」

koike4一瞬、褒め言葉かと・・

 

 

 

その59
― 鼻血を出してしまった生徒に対して ―

興奮するほど、勉強が好きなのか?」

koike4着眼点、そこですか?

 

 

 

その58
― 授業中 ―

「俺の血行は、結構悪い。」

koike4もう結構です。

 

 

 

その57
― “良い意味でプレッシャーになる”と言おうとして ―

「良い意味でストレスになるよ。」

koike4全然良くないです。

 

 

 

その56
― 授業中 ―

「暑いなあ。もうスーツに短パンでもいい?」

koike4それって、そもそもスーツになりません。

 

 

 

その55
― 「逆です」と返答した生徒に対して ―

なに、「ギャル」だと?

koike4今すぐ、耳鼻科に行ってください。

 

 

 

その54
― 飛び込んできたハエを見て ―

「さすがに、動きがハエーよなあ。」

koike4

座布団、没収!

 

 

 

その53
― サンタクロースは誰?と聞かれて ―

「現実を見るんじゃない!」

koike4

普段と言っていることが・・

 

 

 

その52
― 鉄砲伝来について ―

「鬼ヶ島じゃないぞ!種子島だ。」

koike4

誰も間違えません。

 

 

 

その51
― 理科の説明中 ―

「これは雑草。“合唱”じゃないよ、雑草。」

koike4

誰も間違えたりしません。

 

 

 

その50
― 返事をしなかった生徒に対して ―

「“ウン”とか“スン”とか言ってよ。“ハー”とか“イー”とか。」

koike4

“ウン”にも“スン”にもなっていませんが・・。

 

 

 

その49
― ある公式を説明した後で ―

「エイリアンがやってきたって、この式は変わらない。」

koike4

当たり前です。

 

 

 

その48
― 生徒に“先生ひど~い”と言われ ―

「うん、俺はくどいよ。」

koike4空耳が、ひどいです。

 

 

 

その47
― 生徒に席の移動をお願いした時 ―

「ごめん、ちょっと“点対称移動”して!」

koike4普通に言ってください。

 

 

 

その46
― 苦手とする音楽の話になって ―

「俺はいつも、ハ長調だから。

koike4

誰か通訳してください。

 

 

 

その45
― 生徒と精神年齢の話になって ―

「俺の方が低いから、安心しろ!」

koike4不安になります。

 

 

 

その44
― 割合の問題について ―

「割合は、割合よく分からない。」

koike4この先が、割合心配になります。

 

 

 

その43
― ボランティア活動について ―

「善行は人知れずに行うものだ!俺は雪掻きに3時間もかかったが、そんなこと一言も…」

koike4・・言ってます。

 

 

 

その42
― 車道を爆音で駆け抜ける迷惑なオートバイに向かって ―

「このイカレぽんちっちがっ!」

koike4なんか、可愛らしく聞こえますが…

 

 

 

その41
― 雑談中に ―

「イケメンで性格が良いなんて、ズルいだろ」

koike4何をおっしゃいたいのですか?

 

 

 

その40
― 数式の説明をしながら ―

「これが分かれば、君もリア充!」

koike4

間違いなく、意味を勘違いしていると…

 

 

 

その39
― 遅刻してきた生徒に対して ―

「よぉっ、リア充!」

koike4言葉の意味を、勘違いしていませんか?

 

 

 

その38
― 生徒と雑談中に ―

「こんなに“イカれた”塾が、他にあるかい?」

koike4こんなに“イカれた”塾長が、他に…

 

 

 

その37
― 授業中に突然(2) ―

シュワッチ!

koike4ウルトラの星へ帰ってください。

 

 

 

その36
― 授業中に突然
 ―

「モヤシを燃やしちゃあ、ダメだよ。」

koike4教室を凍らせちゃあ、ダメだよ。

 

 

 

その35
― “授業の大切さ”を伝えようとして―

「1つ1つが、重力と同じくらい重いんだ。」

koike4・・・?

 

 

 

その34
― “後にも先にも”と言おうとして ―

「後にも後ろにも」

koike4・・同じです。

 

 

 

その33
― “足の長さ”の話になって ―

「俺の強みは、重心の低さにある!」

koike4それって・・。

 

 

 

その32
― とある男子高校生に対して ―

「もう、彼女の1人や2人くらいいるのか?」

koike42人いたら、ある意味まずいかと。

 

 

 

その31
― 休日の過ごし方の話になって ―

「授業をしていないと、頭が変になりそうだ!」

koike4もう充分に変だと思います。

 

 

 

その30
― ボーッとしていた生徒に対して ―

「うちわと定規、どちらがいい?選ぶ権利はある。」

koike4体罰を選ぶ権利ですか?

 

 

 

その29
― もしも塾の先生をしていなかったら?と聞かれて ―

「昼から、ダブル餃子定食が食べられる。」

koike4方向がずれています。

 

 

 

その28
― 勉強をサボり気味な生徒に対して ―

「このままだと、頭がとろクリームになるぞ!」

koike4なんか美味しそう。

 

 

 

その27
― 包丁の切り方の話題になって ―

「俺はいつだって、メッタ斬り。」

koike4切るものが違います。

 

 

 

その26
― 遅刻の常習犯である生徒に対して ―

「今度遅刻したら、イタ電しちゃうぞ!」

koike4家族を巻き込むのは、やめてください。

 

 

 

その25
― 冗談半分で中国語の質問をしてきた生徒に対して ―

「フランス語だったら、バッチリなんだけどなあ。」

koike4

今の言葉、バッチリ録音しておきました。

 

 

 

その24
― 歩道を走り抜けていく自転車を見て ―

「自転車を飲みながら走ったら、危ないだろう。」

koike4もう、我々人類には理解できない領域です。

 

 

 

その23
― 声が聞こえない(電波の悪い?)電話に対して ―

「もしもし、もしもし。もしもし?・・・ハロー?」

koike4活動の舞台は、もはや世界へ?

 

 

 

その22
― 「テスト本番でケアレスミスなんてしたら、泣くに泣けないよ!」と言おうとして ―

「テスト本番でケアレスミスなんてしたら、泣きっ面に蜂だよ!」

koike4生徒を追い詰める気ですか?

 

 

 

その21
― 雑談中、松岡修造さんの話になって ―

「俺はいつか、あの“熱さ”を越えてみせる!」

koike4これ以上熱くなられたら、教室が壊れます。

 

 

 

その20
― 卒業式の話題で盛り上がっていると ―

「俺も卒業するぞ!大人から」

koike4永遠のピーターパンになるつもりですか?

 

 

 

その19
― 休み時間に ―

「今日は、市内の中学の卒“”式だ!」

koike4思いっきり、息子さんと混ざっていますよ。

 

 

 

その18
― 生徒に檄を飛ばしながら ―

「このまま本当に、“言われるがママ、なすがパパ”でいいのか?」

koike4このまま本当に、ジャムでいいのか?

 

 

 

その17
― 雑談中 ― 

「俺なんて、もうこれから伸びるのは体重だけ。背は縮むだけだ。」

koike4体重は増えるものです・・

 

 

 

その16
― 理科の天体の説明で ―

「高校入試が終わったら、俺がM78星雲(ウルトラマンの故郷)に、連れて行ってやるよ!」

koike4一人で行ってください。

 

 

 

その15
― 授業中 ―

「そんなこと、アルマジロ!」

koike4そんな発言こそ、あるまじき!

 

 

 

その14
― 授業中 ―

「ウルトラマン、絶対3分以上闘ってるよな~?」

koike4

授業を中断してまで、真顔で言うことですか?

 

 

 

その13
― 間違って、教室の電気を消してしまった(たまにあるんです)生徒に対して ―

「大丈夫、It’s all right! でも教室は暗くなっちゃったから、It’s no light!

koike4常識を破壊する“EN”glish、乞うご期待!

 

 

 

その12
― 授業中 ―

「猿と書いて“エン”と読む。向日葵と書いて“ジャム”と読め!」

koike4

そんな、無茶な。

 

 

 

その11
― 夏期講習3日目 ―

「夏なんてあっという間だ。もう講習の12分の1が終わってしまうんだぞ!」

koike4なんか、感覚がずれてるような。

 

 

 

その10
― 外はゲリラ豪雨、雑談の話題はブラジルのワールドカップ ―

「いや~、まさにスポーツの梅雨つゆ)」

koike4なんか、響きが気持ち悪い・・。

 

 

 

その9
― “EN”glish講座中、3級の問題集を指さしながら ―

「アイム ファイン “サンキュー”」

koike4あえて誰も触れようとしませんでした。良い判断だったと思います。

 

 

 

その8
― 英検の対策をしながら ―

「英検用の単語集は、持っていて損はないよ。スパ単とか。」

koike4温泉で勉強できる単語集、スパ単!

 

 

 

その7
― 外を見つめながら ―

「いやあ、今日は実にいい天気だ!きっと光合成が気持ちいいだろうな~。」

koike4あの~、もう少し人間の目線で話をしてください。

 

 

 

その6
― 続き ―

「知ってた?俺って光合成できるんだよ。」

koike4勝手にやっててください。

 

 

 

その5
― 教室の死角に入った場所で、こっそりお菓子を取り出した生徒に対して ―

「ふふふ・・・残念だったな。私の視野角現在225度。」

koike4あの~、カマキリでも目指しているんですか?

 

 

 

その4
― 続き ―

「ちなみに去年は、210度。」

koike4もう、どうでもいいです。

 

 

 

その3
― 公道を猛スピードで走っていくバイクを見て ―

「まったく何を考えているんだ!もし、危ない人にぶつかったらどうする気だ?」

koike4あの~、この際どんな人でも、大変なことかと・・・。 

 

 

 

その2
― 授業中、雑談をしながら ―

「俺が目指すのは、“なかやまきんに君”じゃなくて、“脳みそきんに君”!」

koike4あの~、絶対に目指さないでください。

 

 

 

その1
― 授業中、生徒に檄を飛ばしながら ―

「いいか、今日から360度生まれ変わるんだ!」

koike4あの~、元に戻ってしまいませんか?

 

 

 新しい迷言が誕生し次第、本人に“無許可で”随時追加していきます。お楽しみに!

最近の投稿


PAGETOP
Copyright © ジャムスクール武蔵境 | 小・中・高・既卒 | 宿題のフォローから難関受験まで徹底サポート All Rights Reserved.