昨日は12月24日。つまり、世間でいうところのクリスマスイブでした。

今年のイブも、当塾は平常運転。

毎年クリスマスが近づくと、

「ぜひ、その日は授業を入れてくださいっ!」

そう懇願してくる生徒や“講師”が現れます。

言葉に出せない様々な事情を汲み取り、我々は何も聞かずに、そっと授業をプレゼントしています。

☆ ☆ ☆

クリスマスの本番は25日ですが、今年は日曜日がイブと重なった為、24日にパーティーをされた方も多いのではないでしょうか。

私は、ケーキは嫌いではありませんが、自ら好んで買うことは、ほとんどしません。

とは言え、さすがに昨日はあちらこちらでケーキが売られていましたので、「このままでは、自分だけ、社会から取り残されてしまう!」という不安感に包まれました。

仕方がないので、スーパーマーケットで、プリンアラモード(168円)を買って帰りました。

それを食べようとした時、

クリスマスケーキを、満面の笑みで頬張る2歳11か月の姪っ子の写メが送られてきました。

一つは、祖父母からプレゼントされた豪華なクリスマスケーキ(5000円)を、なんと!ホールごと頬張る写真。

もう一つは、パパが買ってきたリッチなクリスマスケーキ(5000円)を、やはりホールごと頬張っている写真。

合計一万円。

恐るべき格差をしみじみと感じました(笑

まだ3歳にも満たない姪っ子に、私は口にするケーキの値段で、すでに60倍の格差をつけられていました。

来年はきちんとケーキを買い、せめて格差を一桁台に縮めようかと思っています。

☆ ☆ ☆

いよいよ明日26日から、冬期講習が始まります。

大晦日とお正月には、恒例の正月特訓も行われます。

大寒波なんか、みんなの熱気で吹き飛ばせ――っ!