~2014年
小池(携帯メール):「すみません、遅刻します。」
高橋(メール返信):「了解しました。」

~2015年
小池(携帯メール):「すみません、遅刻します。」
高橋(メール返信):「了解!

~2016年
小池(携帯メール):「すみません、遅刻します。」
高橋(メール返信):「りょ!

~2017年
小池(携帯メール):「すみません、遅刻します。」
高橋(メール返信):「り!

エンちゃんからの返信メールが、年月を経て極限までスリムな形に進化しています。

このままのペースでいくと、

~2018年(予想)
小池(携帯メール):「すみません、遅刻します。」
高橋(メール返信):「

となってしまうのも、時間の問題でしょう。

つい先日まで、こういった“ふざけた返信”は、私に対してだけかと思っていました。(そう信じていました…。)

先日、私の授業予定について、エンちゃんと生徒さんがメールのやり取りをしたのですが、一応確認のために、私の方にも転送してもらいました。

生徒さんのメール ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Subject: 〇〇です

~という訳で、明日は△△△でお願いします。
〇〇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エンちゃんからの返信 ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Subject: Re: 〇〇です

    ら・り・る・れ・りょ~~。
                    さる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「“ふざけた返信”を送りつける相手は、私だけじゃなかったんだ!良かった~。」

と安堵しかけた瞬間、

「いや、良くないだろ!」

ふと我に返りました。