寒波の襲来と共に、いよいよセンター試験が始まりました。

若干名とは言えど、当教室からも、高3生が果敢に挑んでいます。

毎年恒例、縁起を担いだお菓子のプレゼントですが、今年はしっかりと“ホンモノ”を渡すことができました。

Toppoのoにマジックで尻尾を足したTopp”a”とは、やっぱり一味違います。

きちんとした正規品が渡せたのは、思えば4年ぶり…。

☆ ☆ ☆

これを書いている今現在は、ちょうど英語の筆記が行われている時刻。

前日に“これが出る!”と予想した「発音・アクセント問題」が、当たっていてほしいと願ってやみません。

大手予備校では、早速、午前中に行われた社会の分析が発表されています。(はやっ!)

世界史は、昨年と難易度は変わらない様子。予定通りかな?Yさん。

日本史は、予備校によっては“やや難化”との評価も。しっかりSさん!

☆ ☆ ☆

センター試験の当日って、私はやることがありません。

こんな感じで、昼からパソコンの前に張り付いて、情報が流れてくるのを待っていることしかできません。

毎年のことですが、何とも歯がゆい思いがいたします。

気が付けば17時。そろそろリスニングが始まる時間になりました。

夜は、明日の理数に備えて樋口先生が待っていますよ。O君、K君、ファイトだぁ~!