電話がリンリン♪と鳴りました。

何やら模擬試験の日程のことで、エンちゃんが電話で相談を受けていました。

高橋:「うんうん、そうだね~。」

電話の向こうの生徒:「〇×△…」

高橋:「そーだね~。確かに。」

電話の向こうの生徒:「△×〇…」

高橋:「そーだね~、そーだね~、クリームソーダね~。」

教室にいた生徒の半分以上が、一瞬、顔を上げてエンちゃんの方を見ました。

真面目に相談に乗っていたのか、真面目にふざけていたのか、誰にも判別できません。

☆ ☆ ☆

ある時は天才と呼ばれ、ある時は天然と呼ばれ、エンちゃんからは異星人扱いされ、皆から親しまれている高2のYさん。

何か難しそうな問題を解いていって、

Yさん:「もう~、ビックリするほど分からない!」

言葉の使い方が、

小池:「もう~、ビックリするほど面白い!」