今更ではありますが、武蔵境駅の周辺は、醤油豚骨のいわゆる「家系ラーメン店」が比較的充実しています。

ただ、私は昔から豚骨系が苦手でして、せっかくの“恩恵”にはあずかれていません。残念で仕方がありません。

一方、常日頃から「ラードは飲み物」と言い放つ“コッテリ系”大好きエンちゃんにとって、駅の周辺はまさに楽園。

「今日は○○で、××と△△を組み合わせて食べてみた。凄くよかった♪」

「生ビールにおつまみとラーメンライスで1000円ちょいなんて、ほんと神♪」

こんな歓喜の歌を、声高らかに聞かせてくれます。

☆ ☆ ☆

先日の19時過ぎのこと、

入口の自動ドアが開き、外から生徒が“生あたたか~い空気”と一緒に入って来た瞬間、

高橋:「二階の人は、“すき焼き”かぁ~」

生徒一同:「(ざわざわ)…。」

小池:「ど、どうして、そう思ったんですか?」

高橋:「ラードを焼く匂いがしたんだ。だからきっと今から、すき焼きを作るんだよ。いいなあ~。」

小池:「…。」

ある女生徒:「こ、怖い…。」

飛躍しすぎた想像と、野生動物並みの嗅覚に、ある種の恐怖を覚えました。

思わず、「今日のような冷房を使っている暑い日に、すき焼き鍋を作りますか?」というツッコミを入れ忘れました。