job_book_honya先日、自宅が午後から断水になりました。

通常よりも早く家を出る羽目になったので、書店に立ち寄って時間をつぶすことに。最近はもっぱらオンラインで書籍を購入しているので、書店に入るのは本当に久しぶりでした。

独特な“本屋さんのにおい”に懐かしさを感じながら、店内を物色していると、

学生A「俺さぁ、今ハイレベルやってて…」

英語の学参コーナーで談笑していた二人の男子高校生。声のトーンが大きかったので、否が応にも耳に入ってきました。

学生B「まじ~っ、ハイレベルの…□○□○」

学生A「ハイレベルって…○×○×」

学生B「ハイレベルに…△□△□」

学生A「ハイレベルは…○△○△」

学生B「ハイレベルが…×□×□」

不自然な程に何度も登場する“ハイレベル”という枕詞。まるで「レベルの高い問題集を使っていますが、何か?」と、さり気なく?周りにアピールしちゃっているかのようでした。

― “意識高い系”の大学生も一目置く、“レベル高い系”の高校生 ―

そんな冗談を頭に浮かべつつ、私は“基礎レベル編”の問題集を手に取って学参コーナーを離れました。

 

レジにて、

店員「領収書の但し書きは、いかが致しましょうか?」

小池「(ぼーっとしていて)あっ、はい、レベル代・・・書籍代でお願いします。」

私はどうやら、“意識破壊系”。