中3生のI君。府中市から自転車で30分かけて通塾しています。

そんな彼に、ねぎらいの言葉をかけていたエンちゃん。

高橋:「本当に遠いところから大変だよね。俺だったら、22分だけど。」

ここでライバル心を燃やして、どうするんですか…。

☆ ☆ ☆

いよいよ今週末、教室で英検準会場試験が実施されます。

3級と準2級が新形式に移行して最初の試験。ついに英文ライティングが、これらの級にも登場します。

3級では25語~35語、準2級では50語~60語のボリュームになります。対策ゼロで本番に臨むのは、あまり得策とは思えません。

それ故、今週は英検受験者を対象にした「ライティング祭り」を開催していました。

そんな中、

E君:「まったくもう…、前回受けておけばよかった…」

愚痴をこぼしながら、ライティングの練習に励む中3のE君。

What kind of subject do you like?
「好きな教科は?」

というお題で、書いてもらいました。

彼は数学は好きではないのですが、なぜか、

My favorite subject is math.
「数学が好きです。」

という意見で書き始めていました。

E君:「全て創作ですから。」

そう言い切って、続きを書き始めたE君。

空想世界の夢物語を楽しもうとするかのように…。

しばらくして、

どうやら、最後に何か適当な1文を添えたいらしく、立ち往生しているようでした。

こういった場面での常套手段を伝えました。

もちろん、同業者なら誰もが知っている“あれ”です。

小池:「コテコテの例文(I want to be a(an) ~ teacher in the future./将来は~の先生になりたいです)でお茶を濁すのは?数学だとI want to be a math teacher in the future.だね。」

ところが、なかなかシャーペンを動かさないE君…。

E君:「(エンちゃんの方をちらっと見て)う、嘘でも、それだけは、絶対に嫌だぁ~。」