駅の下り階段で、私の目の前を歩いていた二人の会話が、否応なしに耳に飛び込んできました。

A「○○ってさあ、なんか空気読めないっていうか…」

B「…そう、それそれっ、この前だって…」

A「…○○って、本当に周りが見えてないっていうか…」

小池(心の声):「ひとまず、あなた方の後方が渋滞しておりますので、2列でのんびり歩くのはやめて頂けますでしょうか?周りの空気を読んでください。」

☆ ☆ ☆

授業中、

「そろそろ、6時半かな。」

ふと腕時計に目を遣ると、

「えっ、どうして!0:00過ぎ。」

腕時計を、逆さまにはめていました。