eto_hitsuji_sensu小学6年生から大学受験生まで、今年の正月特訓は多くの参加者に恵まれました。

当然のことながら、食事の時間は深夜の居酒屋のような状態と常に笑いの絶えない状態となりました。

最終日の夕食時、流れる曲に合わせて突然歌い出した大学受験生のT君。途中からは振付まで披露してくれて、みんなの腹筋を崩壊寸前にまで追い込んでくれました。中学3年生が大半を占めている正月特訓において、彼はいつの間にか、良き兄貴のような役割を担っていました。

下級生たちを楽しますことに一生懸命で、自分が食事をする時間もなかったT君。後片付けの時間に入った時に、慌てて黙々と食べ始めた姿が目に入りました。月並みな言葉となりますが、勉強よりも“もっと大切なもの”を、彼から見せつけられた思いがします。

それでは本年も、“日々是暴走”のジャムスクール武蔵境をよろしくお願いいたします。

(小池)