昨日は曇り日で気温が低く、幾分過ごしやすい日でした。

しかし私は「自転車通勤&途中でラーメン」を敢行した後だったので、教室に着いた時は汗だくでした。

入室直後の検温の際、

「これじゃあ、今体温を測ったら、間違いなく高めに出てしまうな!」

だったら、

「これで、トントンかな。」

と、私は扇風機の強風を全身に浴びながら、検温を始めました。

2分後、ピピピ…

「さあ、どれどれ」

小池:「はい、33.6度~。書き書き~っと♪(何も気付かず表に記入)」

高橋:「ちょっと待ったーーっ!」

事態の深刻さに気付いて測り直すと、今度は34.7度。

小池:「平均すると、34.2度くらいですね。」

高橋:「絶対に、お・か・し・い・だろーーっ!」

結局、扇風機から距離を置いて再度検温を試みると、いつもの体温だったというオチでした。

扇風機の力って、意外に侮れません。