自他ともに認めるミラクルな男、U君。

2月のど真ん中、彼の成し遂げた偉業に度肝を抜かれなかったジャム生はいません。多くの生徒が勇気をもらいました。

そんな「時の人」U君ですが、現在でもジャムに足を運び、自習という名目で大好きな読書に励んでいます。

「あさげ、時々めし」ならぬ「読書、時々自習」が、今の彼のスタイル。

とは言え、高校から出された課題にそろそろ手を付けないとヤバいらしく、最近は少しずつ、鉛筆を握り始めています。

彼が読んでいた英語の課題を、ちょっと覗かせてもらいました。

「その家族の朝は、45個の目玉焼きを作り、45人分のコップに牛乳を注ぐことから始まる。」

こんな感じで始まる内容でした。

レストランの話ではありません。

45人の子どもを持つ夫婦の話。

夫婦の実子は2人か3人。あとは養子です。さらに程度の差こそあれ、養子の全員が身体に障がいを抱えています。

そんな大家族のお話です。

最後に紹介された夫婦の言葉は、私の荒んだ心を浄化してくれました。

読み終わって、

小池:「ああ~、感動したら、お腹が空いてきちゃったよ。まあ、これで晩飯のメインディッシュは、もう決まりだな~。」

U君:「はい?」

小池:「普通は朝に食べるものだけれど、なんかもう、無性に口にしたくなってきた。」

U君:「牛乳ですか?」

小池:「ち・が・う・だ・ろーーーっっ!!!

☆ ☆ ☆

何となく、ちょうど1年前の3月17日に掲載した➡ブログを読み返しました。

その最後の方で、

一生懸命に小文字で英単語を書いている小6生たちを見ながら、

「6年後か…。」

新しい始まりの歌。

遠くから聞こえる前奏に、耳を傾けました。

感慨にふけった自分語りを読み、「1年前の自分を殴りたい!」という恥ずかしさと、自分は「生涯、中二病から抜け出せない人間である」と、再認識した次第です。

ただ、ここに登場する小6生は、現在、凄いことになっているんですよ。

(続く)