なんとなく教室を巡回していた時のこと。

手に握っていたホワイトボードマーカーを、うっかり落としてしまいました。

考えてみれば、マーカーを落とすなんて10年以上記憶にありません。

感慨に浸り始めた2秒後、

「こ、こ、これは!」

目の前に映った光景に、勉強中の生徒からも、歓声と笑い声が湧き上がりました。

わずかに壁に寄りかかってはいますが、ホワイトボードマーカーが直立していたのです。

小池:「た、た、立ったーーっ!クララが立ったーーっ!」

こんなことってあるんですね。今でもビックリ。

☆ ☆ ☆

22時40分を過ぎた頃、居残り勉強をしていた高校生のS君が、帰り支度を始めました。

高橋:「あれっ、もう帰っちゃうの?」

S君:「今日は45分までって決めていたので。ちょうど問題のキリもいいし、このへんで終わります。」

高橋:「まだ“4分”も残っているじゃないか?あと“100問”は解けるだろ!」

と、意味不明な冗談を言ったところ、

隣りにいた高校生Yさん:「じゃあ、まず“せんせー”が解いてくださいよーっ!」

と、まさかの真面目なツッコミが横から入りました。

完全に想定外だったツッコミだったゆえ、一瞬たじろいだエンちゃん。そんな時、当人のS君から救いの手が差し伸べられました。

S君:「あ、小学生の計算ドリル持ってきましょうか?」

 

今年も残すところ、あと20日ですね。