本が大好きな中学生Uさん。今年度ジャムに仲間入りした生徒の中で、間違いなく不思議ちゃん系の一翼を担う個性派キャラ。

そんな彼女が、自習時間に黙々と国語の読解問題に取り組んでいました。文章を読みながら、設問とにらめっこ。

休み時間(16:00~16:10)に入った頃、

Uさん:「あっ、4時になりましたね。じゃあ休憩しま~す♪」

嬉しそうに言うと、すぐさま自分が持ってきた本を取り出して読書を始めました。

小池:「一体、それのどこが休憩なんだい!」

仰天しながら尋ねたところ、彼女は笑いながら、

Uさん:「問題を解くために文を読むのと、楽しむために読むのとでは、全く感覚が違います。」

それを聞いて、

小池:「つまり、お寿司を食べている時に、ガリの代わりにおにぎりを食べるってことかい?」

Uさん:「・・・」

我ながら、ロマンの欠片もない発言だなあと、反省しております。

☆ ☆ ☆

とあるラーメン屋で遅い昼食をとった時のこと。

券売機の釣り銭口に、10円玉が残っていたことに気付きました。

これがもし500円玉だったとしたら、“悪魔の誘惑”があったかもしれませんが(こら)、食券を渡す時に一緒に返しました。

事情を聞いた店員が、こちらが思っていた以上に驚いたことに“驚き”ました。

早速、その店員は別のお客さんに近づいていきました。おそらく私の前に券売機を使った人でしょう。ビンゴでした。

「見つかりました。ありがとうございました。」

店員がわざわざ報告に来てくれました。今どき珍しく応対の良い人だなあ、と感心。

落とし主の方からは、会釈の一つもありませんでしたが(笑)

何はともあれ、めでたしめでたし。ということでラーメンの到着を待ちました。

5分後、

「あれ、いつもこんなにメンマあったっけ?」

ラーメンに乗っているトッピングを見て、しばし茫然。

「あ、もしかして…」

あえて言葉に出すようなことはしませんでしたが、

「そういうことかな。」

と好意的に解釈しました。当然、一本残らず美味しくいただきました。

忘れかけていた“人情”ってやつを、少し思い出しました。

10円以上の価値のある大盛りメンマと人情を胃袋に収め、足取り軽く、教室に向かいました。