shinsyakaijin_man「意識が高く見える行動」に熱を上げる学生を揶揄した“意識高い系”という言葉。

自己啓発に人脈拡大。社会奉仕サークルの立ち上げにイベント主催。そして自分探しの旅・・履歴書を彩るネタを求めて日々奔走。そんな風に言われています。

しかし、就活という天下分け目のビッグイベントを控えた学生が、自分を「盛って」おきたいと願うのは当然のこと。誰だってテストで高い点数を取りたいと思うのと同じですよ。

だから私は、標準型とされる“意識高い系(笑)”とは、書きません・・(笑)

ただ時に、“平家にあらずんば人にあらず”のように、“意識が高くない学生は人にあらず”と、平凡な生活を望む学生を見下すような輩が紛れているのも事実です。

そういう輩には、心の中で思わず“(笑)”を付けたくなってしまいますね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

高校ではサッカー部に入ることを決めているスポーツマンのK君。

中学の英語の総まとめをやっていた時のこと・・

小池「おおっ、三単現のSを”付けて”間違うなんて、もはや“意識高い系”の間違い方だな。」

K君「喜んでいいんですか・・?」