新・西遊記

夏期講習も、残すところあと6日となりました。

メダルラッシュの東京オリンピックが終わり、毎日スーパーハイテンションで授業をしていたエンちゃんは、今は抜け殻のように静かになりました。

ぽっかり空いた心の穴を埋めようとするかのように、現在は流行りの邦楽やK-POPを生徒から教えてもらい、翌日にそれを聞いた感想を生徒に伝えるという、変な行動にいそしむようになりました。

雑談中は、その話題で盛り上がっています。休み時間にはTWICEの曲が教室に流れる始末。

高橋:「なんか、新しい世界に目覚めそうだ。」

どうやら、新しい孫悟空が誕生しそうです。

☆ ☆ ☆

小池:「あ~、生きかえったぁ~」

猛暑の中の自転車出勤直後、扇風機の強風を浴びながら、そう言おうとして、

小池:「あ~、生まれかわったぁ~」

Hさん:「??」

微妙にずれていたようです。

その数分後、

Hさん:「なんかぁ~、扇風機って~、じっ~と見ていると、」

小池:「見ていると?」

Hさん:「お腹が減ってきませんか?」

小池:「どうしてそうなる?」

☆ ☆ ☆

夏期講習中、気付けば朝から晩まで教室で勉強している真面目な中3生Nさん。

中2で英検準2級を取得し、都立模擬の英語では満点を取るほどの切れ者ですが、授業中、ボソッと理科が苦手であると弱音をこぼしました。

私って、おかしいのかな~、と少し真剣に悩んでいる感じもしました。

長年この仕事をしてきて思うのは、英語を得意とする生徒が理科を苦手とするなんて、日常茶飯事だということ。ラーメン屋の券売機で、味付け卵が別料金になっているくらい、よくあることなんです(どんな例えだ)

だから、別に異常でも何でもないと励ましました。

そんな話をした後、Nさんは気を取り直して問題に取りかかりはじめました。

数分後、苦笑いを浮かべていた彼女。

Nさん:「せ、せんせ~。」

小池:「ん?なんか難しい問題でも紛れ込んでいた?」

そう言ってのぞき込むと、そこにあったのは、

英語に直しなさい。
― 私は全ての教科の中で、理科が1番好きです。―

彼女にとっては、別の意味で難問のようです。

コメントを残す

前の記事

武士の情け

次の記事

燃え尽きるまでNew!!