駅の自動改札の前にて、

手に握っていたのは、「自宅のカギ」。

5月に入ってから2回目のこと。


自宅のドアの前にて、

手に握っていたのは、「通勤定期」。

今週に入ってから2回目のこと。


5月7日、

歯磨き粉を買うつもりで、バスクリンを購入・・。

最近老眼が進んでいますが、並行して、頭の回路の一部が断線し始めているようです。

☆ ☆ ☆

週末に英語の外部試験を受けるJKが二人います。

二人とも、同じ大学の付属校に通う仲良し3年生。

一般的に、大学の付属校生と聞くと、

「いいなあ~、のんびりした学校生活が送れて。」

なんて“やっかみ”を受けそうですが、彼女らは全く別物です。

二人ともゴールデンウイーク中は、毎日塾に来ていました。

進学先の学部を決める大切なテストや、定期試験が目の前に控えているんです。

受験シーズン本番さながらの緊張感を、早くも教室に漂わせています。

個人的には、この時期に英語の外部試験が重なったのは、ただでさえ貴重な勉強時間が奪われてしまうので、可哀想に思えて仕方がありません。

ぶっちゃけ、“それ”どころではないのです。ただ、彼女たちの場合、学部選考の際に参考にされる場合があるので、無視できないのです。

Gさん:「もう~、先生が代わりに受験してくれませんか?」

小池:「お、落ち着くんだ。」

Gさん:「他にもやらなきゃならないことが、山積みなんです!」

小池:「普通にバレちゃうって。」

会話を耳にしたエンちゃんが、悪乗りしてきて、

高橋:「いいね~、面白そうだね~。やっちゃえ、やっちゃえ~!」

小池:「そんな悪事に手を染めたら、私は犯罪者に、」

Gさん:「私の制服を貸します。変装すれば、もしかして会場に、」

小池:「プラス変質者か…。」