christmas_baby正月も帰らなかった実家に、日曜の夜、久しぶりに顔を出しました。

3週間前に生まれたばかりの新生児を、この手で抱かせてもらうためです。私にとっては初めての姪っ子。

小さいけれど、本当に温かい。真っ直ぐな温かさ。「紅葉のような手」に自分の指を置くと、ギュッと握ってきました。

力強い命の結晶を目の当たりにし、溢れ出る愛おしさで心が浄化されていきました。

命を授かった人間として、「もっと自分の体を大切にしよう!暴飲暴食は控え、深夜のポテトチップスも止めよう。」気が付くと、そう自分に誓っていました。

その日の晩は、久しぶりに父親と一献交わしました。

 

翌朝、東京へ向かう特急列車の中・・

すっかり二日酔い状態となっていた私は、シートにぐったり寄りかかっていました。

「本気出すぞ!明日から・・」

(小池)