40代で始まると言われる老眼。

何を隠そう、最近のエンちゃんと私は、この老眼に悩まされております。

現在のエンちゃんにとって、一番の天敵は「指数」。

そう、「x³」とかの右上の小さいやつ(ここでは3)です。

ただでさえサイズが小さい故、老眼の“効果”が混ざると、見えにくさが2乗3乗するとか、しないとか…。

そして、現在の私の天敵は「アポストロフィー」。

「he’s」とか「that’s」などの「」の部分です。

とは言っても、上記の場合は、さほど問題ありません。

そもそも「’」が存在しないと、不自然な単語ができあがりますので(hes、thats)、まだ推測可能なんです。

ただ、以下に関しては、もうお手上げです。

「its」と「it’s」

ああ、懐かしきソニーのCM、It’s a sony.

このCMを見ていた青春時代、It’sとItsの判別ができなくて困るような未来がやって来るなんて、夢にも思っていませんでした。

定期テスト前、生徒が持ってきた大量の質問に即答しなければならない時に、「字がよく見えない」のは、精神的に辛いですね。

老眼とはまだ無縁の世界にいる若い講師スタッフが、テキパキと質問に答えていく姿を見ると、メラメラと怒りが羨ましさが湧いてしまいます。