man_ideaI君:「“きずく”に、“きづけ”なかった。」

小池:「えっ?」

I君:「“く”に、“気付け”なかった。」

小池:「???」

実際は口頭だったので、もう訳ワカメ状態・・。

I君:「漢字の出題で、きずく(築く)にきづく(気付く)ことができず、一問落としました。」

模擬を自己採点しながら、悔しそうに呟く中三生のI君。

試験終了間際、やり忘れていて慌てて解いた問題らしく、「築く」を「気付く」と書いたとのこと。

あと2秒落ち着いて考えていたら、間違いなく“気付け”た漢字の問題。

I君:「2秒をケチって2点損。でも、おかげで慎重な姿勢を“築き”上げることができました!」

そんなこと言える余裕があるのなら、もう問題ないことにも“気付い”て!

(小池)