今年塾を巣立っていった「早実JKトリオ」の妹分である高1生Tさん。

早実トリオの1人YさんのDNAを受け継ぎ、「天才か?それとも単なる天然か?」と判別がつかない不思議キャラでもあります。

授業に入る前、

Tさん:「わたし、今日、誕生日なんです。」

小池:「おおっ、16歳か、おめでとう!・・にしては、あまり元気ないね。」

Tさん:「だって、普通に学校があって、部活があって、おまけに塾もあって」

小池:「・・・さーせん(汗)」

☆ ☆ ☆

16歳の誕生日といえば、3年前、

Yさん:「せんせーーーっ、わたし~、とうとう、結婚できるんですよ~。」

小池:「え~っ!!け、け、けっこんするのっ?!」 ➡参照

Yさんと、そんな壮大なる誤解劇を繰り広げたこともありました。

ジャムペディア

Yさん:ある時は天才と呼ばれ、ある時は天然と呼ばれ、エンちゃんからは異星人扱いされた伝説のジャム生。早実JKトリオの最古参であり、残した名言・珍言は数知れない。今後10年、彼女を超える逸材は出現しないと思われる。

☆ ☆ ☆

授業に入り、

Tさんは、サイドリーダーに取り組み始めました。

The newspaper says ~のような英文の和訳について、質問を受けました。

小池:「確かに、“新聞は~と言っている”なんだけれど、新聞はしゃべらないから、“新聞には~と書かれている”と少し意訳するのもありだね。」

Tさん(ふと電子辞書を見ながら):「い、意訳って、“こういう漢字”だったんですかー?今までずっと、“”訳だと思ってたーーっ!」

小池:「えっ、ま、まじかぁーーっ!」

Tさん:「でも、ある意味、異なっているという点では、同じですよね?」

小池:「・・・。」

ますます切れ味が増してきました。

 

Tさんが誕生日を迎えたその日、偶然にもYさんから、依頼していた原稿とイラスト用の写真がメールで届きました。早実JKトリオの最後を飾るYさんの体験談は、イラストが完成し次第、掲載いたします。お楽しみに。