前回の続きになります。

そして教室の帰り道は、自転車をこぎながら、

「あの説明で良かったのかな?」

「上手く説明できなかった。あ~くやしい。次回リベンジだ。」

「ギャグが受けた。なんか嬉しい~。」

「“おやじギャグ”って言われた。ちょっと傷ついた~。」(←現在は“そう”言われると喜びます

こんな反省会を、いつも開催していました。

当時の私の講師力なんて、今になって思えば、詐欺師みたいなもの。

でも、「足りない学力は、やる気と愛情があればカバーできる!」と本気で信じ、意気揚々と仕事をしていました。

10日の夜、20年前と同じ道の上を走りながら、怖いもの知らずの青二才だった頃の自分が思い出されました。

☆ ☆ ☆

4月7日、緊急事態宣言が発令され、とうとう教室から生徒の姿が消えました。

私はその日、オンライン授業に向けて教室の配置を変えながら「当面、私の前に座るのは、生徒ではなくパソコンなんだ。」と覚悟を決めました。

しかし、準備を進めながら、オンライン授業という未知なる世界に足を踏み入れることに対し、不安感を払拭できずにいました。

でも、そんな不安の塊は、この道を通り抜けた頃には、溶けてなくなっていました。

「あのなあー、仮に100%未知だったとしても、それって未経験のくせに塾講師を始めた時と同じだろ!少なくとも、それ以下じゃねーだろが!」

20年前の新米塾講師に、そう叱られた思いがしたからです。

3日後、

初めてオンライン授業に臨んだ4月14日、

家を出て、自転車のペダルを回しながら、

「よーし、今日からは新米オンライン塾講師だーー!スタートラインだーー!やる気と愛情だぁーーー!!」

そう自分自身に檄を飛ばしながら、意気揚々と武蔵野市へ向かいました。

 

*ちなみにこの日は、向かい風という洗礼を受けていたのですが、文章の余韻が薄れるので省いておきます。

*また、自転車に乗りながら自分に檄を飛ばす行為は、傍目から見たら不気味です。良い子の皆さんは、真似しないようにしましょう。