ooスーパーの鮮魚売り場で、大量に陳列されたサンマに「どうだっ!」と睨まれる季節が近づいてきました。

「秋の読書キャンペーン」ムードに染まった書店に立ち寄って、雰囲気に飲まれて本を買ってしまう「積ん読」の季節が近づいてきました。

文化系クラブの中学・高校3年生が、文化祭終了と同時に長年親しんだクラブを引退する季節が近づいてきました。

秋は文科系クラブの引退が山場を迎えます。私は中学時代に吹奏楽部に所属していましたが、文化祭が終わった日、つまり3年生引退の日には、後輩たちが涙を流して送り出してくれたことを覚えています。遙か昔の、懐かしき青春?です。

しかし世の中には、かなりトリッキーな先輩の送り出しも存在するようです。

おそらくこのホームページ上では、講師スタッフよりも有名人になってしまった“Y画伯”。彼女も先日、長年親しんだ美術部を引退されました。

humanここに表示されているのは、“Y画伯のお弟子”さんから、美術部を引退する彼女に対して送られた作品です。(*クリックすると拡大します。)

ym←Yさんにインスパイヤーされて描かれた両作品。何ともシュールな世界観で、間違いなく発想は異星人レベルです。やはり、師匠に似てしまうものなのですね。絵心がない私でも、尋常でないことは理解できました。

Yさんとお弟子さんとのタッグで、このホームページが「シュールな小宇宙」となる日も近いことでしょう。

P.S. いつもいつも、ネタを提供してくれてありがとうございます。

小池