10月に入りました。消費税が10%になりました。

9月30日の深夜、仕事帰りのこと、

冷蔵庫の麦ジュースが“寂しい状態”になっていることを思い出した私は、行きつけの24時間営業のスーパーに立ち寄りました。

しかし、入り口に待ち構えていたのは、

「消費増税に伴う店内作業により、30日の○時から1日の○時まで、休業致します」

といった内容の張り紙と、閉じられたドア。

唖然としながら、そう言えば「2週間前から張り紙がしてあったなあ~」と思い出し、同時に「毎回きちんと読みもしないで、素通りしていたなあ~」と思い出しました。

日頃から生徒に「設問の指示文は“毎回きちんと読み”なさい!」と言っておきながら、当の本人がこの有り様です(汗)。

「これはもう、勉強料だ!」と自分に言い聞かせて、コンビニで定価に近い価格の麦ジュースを、上がりたてほやほやの消費税10%で買って帰りました。

増税直後の1時間以内に起こした“無駄に洗練された無駄遣い”。

もう、開き直るしかありません。

☆ ☆ ☆

H君:「アメリカには、4ドルの車が売ってるんですか?」

中間テスト期間に入り、連日ジャム漬けの日々を送るH君。いきなり突拍子もないことを聞いてきました。

*クリックで拡大します

小池:「え、400円で車が買えるって?それってなに、一体どういうこと?」

H君:「この英文って、“私の父は4ドルの車を所有している”っていう意味ですよね?」

老眼を凝らして、じっと問題文を眺めると、

小池:「こ、こ、これは、“私の父は4ドアの車を所有している”じゃぁーーっ!!」

H君:「ぐふっ。」

four dollars 4ドル

four doors 4ドア