12月に入りました。高校生の期末テストは佳境を迎えています。

Iさん:「え~、放課後も授業するんですか~?そんなのやだ~。」

高橋:「だって、このままじゃ間に合わないだろ!もし、おうちの人が迎えに来られないのなら、俺が送っていく。」

Iさん:「もっとやだ~。」

☆ ☆ ☆

中1生が指さす日本語の英単語を聞かれて、

小池:「あ、島ね。これはスペルに気を付けよう。」

と言いながら、白板にでかでかとisland(アイランド)と板書しました。しかし、何か言いたげな様子。

小池:「ん?どうしたの?」

生徒:「あ、あの~、え~と…」

小池:「遠慮しないで、どうぞ!」

生徒:「はい。島じゃなくて、です。」

小池:「あ、あの~、え~と…」

そろそろメガネを新調した方が良さそうです。

☆ ☆ ☆

「彼女は秋田で生まれました。」

そう書かれたM君の答案を見て、

小池:「彼女はで生まれただとぉ~、なに寝ぼけてるんじゃ~!」

秋田 → 私の脳内変換:禾火田

明日にでもメガネを新調した方が良さそうです。