8月の冒頭で紹介させていただいた殿上人卒業生ですが、

「次回は、来年の金魚すくいで会おう!」

そう約束してお別れしていたことを、今更ですが、思い出しました。

彼女は、8月初頭には米国へ“帰国”されましたが、来年の夏の“来日”は、今回よりも若干後ろにずれ込む予定とのこと。

だったら、

「来年は、金魚すくいの日に、まだ日本にいるかも?」

そんな、会話を交わしました。

来年の8月、伝説の卒業生と現ジャム生が入り混じった時、一体どんなカオス化学反応が生まれるのでしょう?今から楽しみで仕方がありません。

☆ ☆ ☆

夏期講習は、いよいよ後期日程に入りました。泣いても笑っても、あと11日!

後期初日のこと、武蔵境駅を降りた時に突然の大雨に見舞われました。

私個人としては、びしょ濡れのまま授業を行っても、びしょ濡れの服を脱いで裸で授業を行っても一向に構わないのですが、受けている生徒から悲鳴が上がりますので、ビニール傘を買いに駅ナカのコンビニへ戻りました。

もちろん、コンビニ店内は、ビニール傘を持ってレジの前に並ぶ人でごった返していました。

やっとこさ会計をすまして駅を出ると、

すでに小雨になっていた…。