8月28日、安倍総理の辞意表明を知ったのは、授業中のことでした。生徒から伝えられました。

2012年12月26日の発足以来、7年8カ月続いた長期政権の終焉。当然、夕方以降の授業の雑談はその話題で持ちきりでした。

「もう、天変地異レベルの衝撃だ。」

誰かがそう言った時、

ある生徒:「せんせー、天変地異ってどういう意味ですか?」

高橋:「はんぺんの一種だ。」

一同:「・・・。」

 

その内、訴えられますよ。

*クリックで拡大します

上の写真は2012年12月27日付のTHE DAILY YOMIURI(現The Japan News)です。第2次安倍内閣が誕生した翌日の紙面で、みんな若々しく見えます。

手前味噌な話となりますが、紙面で開催されている翻訳コンテストに自身の名前が初めて掲載された記念すべき号でもあった故、大切に保管しておりました。

☆ ☆ ☆

中学生Nさん:「なんか~、総理大臣が変わるのって、どーいうことなのか、ぜーんぜんイメージがわきません。」

小池:「??」

最初は??でしたが、彼女の話を聞くと、確かにその通り!だと思えてきます。

第2次安倍政権は7年8カ月続きました。だから中学生くらいだと、ランドセルを背負った頃から「日本で1番えらい人」といえば、ずっと安倍総理なんです。小学生だと、物心がつく前からかもしれません。

安倍総理以外に総理大臣を知らないのですから、イメージが浮かばないのは、ごもっともな話です。

ちなみに第二次安倍内閣が誕生した2012年12月26日現在、まだジャムスクール武蔵境は誕生していません。場所さえ決まっていない状態でした。第2次安倍政権は、当塾(2013年3月27日開校)よりも3カ月年上なんです。

塾の歩みと重ねて思い返すだけでも、本当に長い政権だったんだなあ、と実感します。

☆ ☆ ☆

9月1日、英検の2次試験の結果が発表されました。中2で3級や中3で2級など、チャレンジ受験の側面が強かった2次試験ではありましたが、塾生全員が合格しました。

夏期講習期間中、エンちゃんから押し付けられた“オンライン業”を、ヘロヘロになりながらも、やり遂げた甲斐がありました。

ご協力いただいた講師の方々、本当にありがとうございました。

しばらく余韻に浸っていたいところですが、学校によっては、早いところであと2週間後に中間テストが始まります。

講師の皆さん、休みなく続投となります。くれぐれも脱走しないでくださいね!
BY ブラック