いよいよ12月に入りました。

私立中学生&高校生の期末テストど直前ど真ん中なので、

走”という言葉に負けないくらい、塾講も教室内を走り回っております。

☆ ☆ ☆

翌日に模擬試験を受ける小学生に、エンちゃんが檄を飛ばしていました。

高橋:「最後の問題まで、きちんとやれよ。最後の問題を解くまで、寝たら駄目だぞ!」

O君:「じゃあ、最後の問題から解きます。」

高橋:「ふざけるな!アンパンチするぞ!」

なんか、かわいい。

☆ ☆ ☆

私はプロのギター奏者になりたい。(I want to be a professional guitarist.)

と英語で書こうとしていたM君。

「プロの」って英語でどう書くのか聞いてきました。

私はホワイトボードに、でかでかと、proffessionalと板書しました。

単語をM君が書き写している時に、自身のスペルミスに気付き、慌てて訂正。

小池:「あ~あ、よりによってプロフェッショナルを書き間違えるなんて。こんなのプロとは言えないよ~。」と嘆き声をあげると、

いつも気難しい表情をしているM君が、一瞬ニコッ。

これで、いいのだ…(開き直り)