kotoshi_kanji_blank高橋:「イケメンで性格が良かったら、ズルいじゃないか!」

こんなエンちゃんの“ボヤキ”(エン語録12.26)で始まった冬期講習。無事に前半戦が終了いたしました。正月休みを挟んで、1月4日から後半戦に入ります。

大晦日からは、いよいよ三日間に渡る正月特訓が始まります。

「せっかくのお正月に、お仕事ですか~」と憐みの声をかけてくれる優しい“生徒”もいますが、この期間中は、ただ飯にありつけることができるので、生徒たちと楽しい食事ができるので、これはこれで楽しみなんですよ。

冬期講習が始まった26日以降、受験学年の生徒たちは朝から教室で勉強に励んでいます。一方、非受験学年の生徒たちは、部活でたっぷり汗を流してから塾に来るパターンが目立ちます。

文武両道は、もちろん素晴らしいこと。でも、最後まで継続するのは並大抵のことではありません。寝落ちしそうな疲れ気味の生徒がちらほらと。

とうとう睡魔に負けて、“うとうと”し始めた高1生のKさん。現場を目撃したエンちゃんから、今年を締めくくるトップクラスの暴言激励が飛び出しました。

高橋:「もう、目覚まし代わりに“電流を流すぞ”!」
高橋:「もう、目覚まし代わりに“電流を流すぞ”!」

大変なことなので、2度書きました。

そんなKさんに対して、

小池:「もう、訴えちゃっていいよ!」
小池:「もう、訴えちゃっていいよ!」

大切なことなので、2度言いました。

 

今年最後を締めくくる4人目となる合格体験談は、文武両道をやり遂げた好青年が登場します。

嬉しいことに、推薦組は全員合格を果たすことができました。この素敵な流れが、ずっと繋がっていくことを祈りつつ・・

 

それではみなさん、良いお年を!