7年という歳月が刻まれました

今の世情を鑑みると、あまり大きな声でお祝いできないのが残念ですが、2020年3月27日、ジャムスクール武蔵境は、ひっそりと開校7周年を迎えました。

とうとうこの塾も、産声を上げてからランドセルを背負う年齢に到達した訳です。

7周年を祝して、さっそく知人の“タイガーマスク様”から、ひっそりと立派な胡蝶蘭が届きました。

未だに正体を知る人間は私とエンちゃんだけという謎に包まれたタイガーマスク様ですが、2月末、全国の小中高に一斉休校が要請された際には、お住まいの近隣にある各塾・予備校の対応状況を伝えてくださいました。

当塾としての対応方針を決める際、参考になりました。ありがとうございました。

吉田先生 いつもありがとう

嬉しいことに、吉田先生からもお祝いを頂きました。

毎年この日を覚えていてくれて、本当にありがたい限りです。

今回の贈り物は、なんと

「外出自粛要請で花見に行けないから、せめて教室で」

そんな心遣いに、心が震えました。

なお、この桜は満開になった後、“きちんと散る”そうです。教室の床が大変なことになりそうですが、嬉しい悲鳴です。

☆ ☆ ☆

前回、開校5周年を迎えた時に、

「5年の壁を突破したとは言えど、人工衛星に例えるならば、まだ打ち上げられて大気圏を突破し、やっとこさ衛星軌道に乗った段階のようなもの」

と、このブログでお伝えしました。

しかし今や、猛威を振るう新型コロナウイルスは、我々を衛星軌道から引きずり出してそのまま太陽に投げつけてしまう破壊力さえ秘めています。

8周目の道のりは、開校以来最も険しい道のりになるのかもしれません。もちろんこういった状況は、どの塾さんも同じだとは思います。

今はただ、7周目のゴールテープを切ったという事実を心の支えにして、東奔西走するのみだと考えています。

2020年3月27日19時10分頃撮影

それでは、簡潔になりましたが、日々是暴走のジャムスクール武蔵境を、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。