明け方トイレに起きた時、PCの電源が入れっぱなしであることに気が付きました。

電源を落とす前、何となくメールをチェックしていると、1通の英文メールが目に飛び込んできました。

差出人は、オンライン授業で使用しているアプリを購入した会社。

タイトルは「Your payment was declined」

「ええっ!!!」

いや~な予感がして、慌ててアプリを立ち上げると、

「ロ、ログインできない。」

「まじか…。これから授業どうするんだ!これって、超・長・調・腸・兆・丁・帳・蝶々ヤバいだろ~」

この状況から、メールの内容は本文を読まずとも、

金が支払われてねーんだよ!だからアプリは使わせねーよ!

ということだと想像できました。

すぐにクレジットカードを確認すると、登録したクレカの有効期限が2020年4月までだったというオチ…。

実はこのアプリを購入した4月上旬、いつも使っていたクレカは、紛失という恥ずかしい諸事情により、再発行待ちの状態にありました。

それゆえ、あまり使ってない別のクレカで登録したのですが、有効期限をしっかり意識していませんでした。

肝心な時に何かやらかすのは、私の人生において平常運転

「どうしよう?ひとまずエンちゃんに電話すべきか。こんな時間だけど。」

受話器に手を伸ばしながら、念のためにメール本文に目を通してみると、

「クレカ情報の更新と、今回引き落とせなかった分を支払えば、再び使用できる」

というホッとする文面を後半部に見つけました。すぐさまウェブサイトにアクセスして実行。5分後、元通りになりました。

「エンちゃんをたたき起こさなくてよかった…。」

私の授業が消滅する事態は回避されました(誰だっ、今“え~っ”って言ったのは?)

今回の件で、「なんだかな~」と感じたのは、

このアプリ会社からの連絡事項は、購入時の請求明細書などもそうでしたが、今のところ英文のみなんです。ウェブサイトは、きちんと日本語版が存在するのですが。

幸い、現在の仕事をさせて頂いているお陰で何とかなっていますが、一般的には不便だと感じている人の方が多いと思います。

そういった方々が同じような状況に遭遇したら、一体どうしたらいいのでしょう。解決までにかなりの時間が消耗されてしまうと思われます。仕事だと、これは致命的です。

この辺りが改善されると、更にアプリの購入者が増えると感じるのですが、いかがなものでしょうか?ある意味、もうこれ以上増やしたくないとか。

いずれにせよ、この日は完全に目が冷めてしまい、仕方なくそのまま

「♪あった~らぁし~い~あ~さがぁき~た、きっぼ~おの~あ~さ~がっ♪」

を迎えました。

― しかしこれは、その後に起きた不幸に比べたら、まだ屁みたいなものでした。

(続く)