ホーンテッドジャム

おととい3月22日は、停電におびえながら節電に励んだ一日でした。

私自身、午前中は自室のエアコンを切って様子を見ていましたが、さすがに途中でギブアップ!温度設定を低めにして、エアコンと共に午後を迎えました。

ただこんな日に限って、ヘアカットの予約を入れてしまったため、小一時間ほど、わざわざ厚着をして外に出る羽目になりました。

道すがら、節電を心がけている店舗がチラホラと目にとまりました。看板や室内の照明が薄暗くなっています。

「やっぱり、そうなるよね~。」

感心しながら、ふと頭をよぎったのは、

「ところで、今の教室の状況は?」(*現在の私は給料泥棒ウィーク中につき、おとといの出勤時刻は午後7時でした)

一番気になったのが、教室の看板の照明。

4個の電球で構成されていますが、構造上、教室の正面全体を照らす役割も兼ねています。

電球の操作は単純明快。スイッチオンで全開、オフで真っ暗。間引いたり、暗めにするといったハイカラな機能は、備えておりません。

つまり、教室の正面を全開で照らすか、暗闇に沈めるかの二択となります。

「スイッチオフだと正面が真っ暗闇だ~。だから消さなくても誰も責めないよね。仕方がないよ~」

「でも、なんだかんだ言って、生真面目なエンちゃんのことだから…。でも、それだと完全に…」

2つの可能性が、頭の中を駆け巡りました。

さて、いよいよ出勤時間。

ドキドキしながら教室の200メートル手前まで接近。答え合わせが始まりました。

「あれは、一体…」

左上の看板の先に電球が存在します。

いうまでもなく、看板の照明は完全にオフ。真横からだと、存在感はほぼ皆無。

正面に近づいて、やっと明かりをキャッチ。中に生徒の姿を確認。

室内から漏れるぼんやりした光と、エンちゃんの叫び声が、ひたすら絶妙な不気味さを演出。

新しいお化け屋敷がオープンしていました。

コメントを残す

前の記事

静寂とサプライズ

次の記事

Marking the 9th Anniversary!