business_baby_ikukyuu東北弁とか九州弁って、その内容は理解できなくとも、すぐに方言であることは分かります。

ある意味で外国語に聞こえたりもするので、誤解を招くといった心配はありません。

一方、標準語の言い回しを別な意味で用いたりするタイプの方言は、結構面倒くさいことが起きたりするものです。

 

私の地元山梨では、「走る」ことを「とぶ」と言います。

比較的年配の世代が東京見物に来て、皇居の周りを走っているランナーを見たら、

たくさん人がとんでるね~。

間違いなくそう発言するでしょう。周りの人は、思わず空を見上げてしまうかもしれません。

また、疲れていることやキツイことを、「えらい」という言葉で表します。

例「今日は暑くて、えらかった。」

上京したばかりの頃、駅の階段をスタスタ登る知人に「ちょっと待って~。えらいよ~!」と呼びかけた時、不思議な顔をされたことを、今でも覚えています。

dic小学生の頃、見たいテレビがあって、走って帰ってきた時には、

ただいま~!今育児?」*いくじ=何時

おかえり~!飛んできて、偉かったでしょう?

そんなやり取りをしたことを思い出します。

 

そんな「とぶ」や「えらい」ですが、実は複数の県で使われている方言なんだそうです。

dic2「なんだ~、同じような仲間がいっぱいいるんだ~」と安堵感を覚えました。

「全国方言辞典」を見て、*画像はクリックすると拡大します。

トップバッターというのが、ちょっと気になりますが(笑)