前回、「ため息も人生の通過点ですよ。」という大人顔負けの名言を残したU君。しかし今回は、子ども丸出しのご様子。

U君:「ど、どーーして!スタート(start)じゃ、ダメなんですか~っ!!」

leave Tokyo(東京を発つ)を、start Tokyoと書き、×だったことに御立腹のご様子。

辞書で「発つ」を引くと、一番最初にstartが載っていたのでそのまま使ったとのこと。

それでオッケーだったら、英文法なんて必要ありません…。後ろに来る形によって、意味は変わるのです。

それを説明するのが授業だと思っていますが、今回のU君は、なかなか手ごわいです。

小池:「…という訳で、start Tokyoだと東京を始めるになっちゃうでしょ。おかしくない?」

数秒後、

U君:「いいえ、幕末の人たちが明治維新を起こそうとしている場面と考えれば、」

小池&周りの生徒:「…。」

U君:「今、なんか~、僕良いこと言いましたぁ~?座布団一枚ですか?てへっ。」

この機転の良さを、もっと勉強に生かしてくれたら、きっと凄いことになるんだろうなあ~、と切に思いながら、

小池:「椅子ごと撤去。」