matsuo_basyo未来に起こる出来事をイメージするとき、「ウィルウィル」という独自の文法用語を使う異色の高校生Sさん。“部活命”の彼女ですが、最近は勉強にも積極的になってきました。

時制の文法問題に取り組んでいた時、

小池:「・・で駅に着いた時、すでに電車の姿はなかったんだよね」

Sさん:「あ、分かった!過去より前の、“奥の過去”」

彼女の手にかかれば、“過去完了”というお堅い文法用語も、なかなか風流な響きになる。

(小池)