20101030112106963-150x150開校記念ムードに包まれて、みんなのテンションが異常に高い春期講習。早いもので、もう折り返し地点を通過してしまいました。

<一コマ目>

「今日は花粉がキツイよね~。」と言い訳をしながら、“瓶詰めされたドイツ製の飴玉(生徒からの贈呈品)”を頬張っていると・・・

Y君:「飴玉を舐めると、花粉症に効くんですか?」
小池:「私はそういう体質なんだ。」
Y君:「科学的根拠は?」
小池:「大丈夫!そのうち見つかる。」

<二コマ目>

「“並”を注文したのに、レシートを見たら“大”になっていた。」と、昼食後の授業で愚痴をこぼす精神年齢14歳の大人と、それを軽く笑顔で受け流す精神年齢の高い生徒。ここは「子ども大人」と「大人子ども」が共存する、異文化コミュニケーションの聖地でもある。

小池