eto_saru_shinnen_aisatsu_man大切なことなので繰り返しますが、今年はさる)年です・・

 

1月7日、ホットな冬期講習(&正月特訓)が、とうとう終了しました。

講師にとっては、奪われた年末年始の終了!思い出深い年末年始の終了!を意味します。

毎年のことですが、私は1月7日の晩になって初めて、“本格的な”お正月の酒宴に突入することができます。

ところが、昨年のこの日の私は、控えめにお酒をちびちび飲むにとどまりました。

私にとって、初の「姪っ子」が生まれる瞬間が近づいていたからです。

自分自身に“おさん”という肩書が加わる瞬間を、ほろ酔い加減で今か今かと待ち構えていました。

1か月後・・

「赤ちゃんて、こんなに暖かいんだ。」

初めて姪っ子を抱いた時の感動は、今でも忘れられません。➡詳細はこちらで。

 

今日でちょうど1年。

babay_tukamaridachi最近は、「ニコニコ笑いながら、つかまり立ちをしている」写真が送られてくるようになりました。

「たった1年で、こんなに成長するものなのか・・」

今さらですが、姪っ子の成長を見ていて、人間という生命体は、もはや存在自体が“奇跡”なんだと感じるようになりました。

「だったら、もうこの世は、“まいにち、奇跡!”だらけじゃないか!」

そう思うと、こんなくたびれた中年でも、自然と生きる喜びを感じてしまいます。

ジャムの下駄箱に飾ってある「まいにち、修造!」に負けないくらい、誰もが、“奇跡”のエネルギーを満載して、この世に誕生してくるんです!

さあ、来週はセンター試験です。