高校生の定期テストが、だいぶ終わりました。

高校生になって最初の定期テストを経験した新高1ですが、感想は悲喜こもごもです。

連日遅くまで教室に残って勉強していた新高1のSさん。

現国のテストにおいて、一つ“とんでもないケアレスミスをやらかした”と話してくれました。

「羅生門の作者は?」

ある意味で全員正解できる(A.芥川龍之介)“サービス問題”があったそうなのですが、

何を勘違いしたのか、「太宰治」と書いてしまったとのこと…。

もちろん、芥川龍之介だということは分かっていたそうですが、

小池:「ど、どうして?」

Sさん:「解答中に、ふと頭に舞い降りてきたんです。それに抵抗できなかったんです。」

小池:「宇宙人と交信でもしていたのかい?」

あまりにも信じられないケアレスミスをした割には、彼女の表情はサッパリしていました。

Sさん:「実は~、太宰治の“”の字を書き間違えたんです。もう完膚なきまでに間違えていたんですよ。だから、あまり悔しくないんです。」

小池:「良かったのやら、良くなかったのやら。」

☆ ☆ ☆

授業は、束の間の小休憩に入りました。

でも、1日土曜日は英検の準会場、日曜日はエンちゃんと人生を語る会保護者面談が詰まっており、教室自体は引き続きフル稼働状態です。

さあ、いよいよ6月です。