今年の金魚すくい大会は、8月11日(金)に開催いたします。

ジャムスクール武蔵境の「社訓 第一条」に記載されている、年間を通じて最も優先される行事、金魚すくい大会!

多くの方にご参加頂きたいとの思いから、今年も祭日に日程をあわせました。

昨年同様、小さなお子様でも楽しめるように、破れにくい4号ポイや破れないネットタイプも、たっぷり用意いたします。

金魚はすくい放題!回数は無制限です!時間の許す限り、心ゆくまですくってください。希望される方には、お好きな金魚を差し上げます。

参加費用はかかりません。ご家族やお友だちなどお誘い合わせの上、是非ご参加ください。

当日はジュースやお菓子だけでなく、“大人向け”の麦ジュースやおつまみも、お楽しみいただけます。

それでは、8月11日(金)に、みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

☆ ☆ ☆

前期日程が終了いたしました。本日8月3日は、お休み日です。

おとといは疲労のピークでした。家に帰って冷蔵庫を開けると、なぜかポテトチップスが入っていた始末。やっとこさ2回目のプレミアム木曜日を迎えることができて、ホッとしています。

昨晩の仕事の帰り際には、エンちゃんとお互いに

「よいプレミアム木曜日を!」

と声を掛け合ってきました。

しかし、プレミアム木曜日となった午前4時過ぎに、私はこのブログを書いています。

おそらく、もう赤信号が灯っています。

☆ ☆ ☆

前期期間中は、突然の雨に見舞われてしまうことが多々ありました。

自転車で来た生徒が、不憫で仕方がありませんでした。

そんな中での一コマ、

高橋:「とりあえず、お迎えの車が“クルマ”で、大人しく自習していなさい。」

生徒一同:「あはは・・(はぁ~)」

こんなおやじギャグにも、生徒達は反応してくれます。

しかし、これがもし、世間一般の会社内での出来事だったとしたらどうでしょう?

エンちゃんは間違いなく、部下につまらないギャグを押し付ける“パワハラ上司”として訴えられていることでしょう。

エンちゃんが法廷に呼び出されることなく、今日の日を迎えられるのも、慈悲深いジャム生の皆さんのおかげですね。本当にありがとう。

☆ ☆ ☆

講習の10日目の授業のこと。

「給食の歴史」をテーマとした大学入試の英文が登場しました。

雑談は言うまでもなく「生徒たちの小中学時代の学校給食」の話となります。

個人的に私は「大学にも給食があっていいんじゃないか?」と感じるほど給食が大好きなので、楽しい雑談を予感しました。

小池:「それで~、高校に入ってからは、いきなりお弁当に変わっちゃうんだよね~。なんか、とっても残念だよね~。」

Kさん:「でも、今は、お弁当の方がいいです!」

小池:「えっ?ど、どうして?」

Kさん:「だってえ~、お弁当だと、早弁ができるじゃないですかぁ~(ニコニコ)。昼休みの時間は、全部有効に使わないともったいない!」

3秒ほどの沈黙・・・

小池(心の声1):「う、嘘だーっ!JKが早弁なんて。なにかの間違いだ~。」
小池(心の声2):「お、お願いだから、冗談だと言ってくれーーっ!!」

3秒後・・・

小池(実際のセリフ):「へ、へえ~、なるほどねー。確かに、効率的だよな~。」

Kさん:「はい(ニコニコ)。」

 僕はその時、一つ大人になれた気がしました。