センター試験が終わり、私推が終わり、中学入試が終わり、いよいよ本日10日からは、私立高の一般入試が始まりました。

私は常日頃、塾業界がブラックと揶揄される現状に怒りを覚える人間ではありますが、今だけは、当塾を「ブラックだ!」と訴えてやりたいほど、激務状態です。

12日以降は、並行して英検の2次対策がスタートします。今回の英検1次には、金曜日や本会場の受験者を含めると、おそらく過去最高人数の生徒が試験に挑んでいます。

ということは、2次面接対策は…。考えるだけで、かなりゾクゾクします。

講師の皆さま、恒例の放課後の強制残業面接練習ですが、何卒、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。もし皆様のご協力がなければ、私とエンちゃんは、間違いなく発狂してしまいます。

☆ ☆ ☆

円周率(3.14…)を題材とした英語の入試問題に取り組んでいた中3生Sさん。

問題文には、3月14日に「円周率の日」と呼ばれるイベントが開催されていることや、この日がアインシュタインの誕生日であることも書かれていました。問題を解き終わったSさんは、少し興奮気味でした。

Sさん:「なんか、凄い偶然が重なった日ですね。理系の人にとっては、聖なる日じゃないですか!」

小池:「3月14日って、車椅子の天才物理学者ホーキング博士が亡くなった日でもあるんだよ。なんかさぁ~、不思議な“輪廻ってやつ”を感じるよね~。」

私は「聞きかじりのうんちくを生徒に全開披露する」という、大人としてかなり恥ずかしい行為を白昼堂々やってしまいました。

ところが、Sさんは予想に反して、大きく感動してくれたご様子。

Sさん:「わ、私も、人生最後の日を3月14日で終われることを目指して、頑張ります!」

小池:「…。ちょ、ちょっと、なんか違うんじゃない?」