2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013(おまけ)
2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007

2021年 高校部

日本体育大学 スポーツ文化学部
K. N 君 二松學舍大学附属高等学校 卒

妹が通っていたジャムスクールに、私は2021年の元日に受験生として入塾しました。

英語に関しては、五文型や助動詞などの基礎は全くありませんでした。また現代文では、受験生ならば知っていて当たり前の漢字すら書けませんでした。

そんな中でジャムスクールは、こんなに遅くから入塾した私を、全力でサポートしてくれました。私のレベルに合わせてくれた授業のおかげで、中学の総復習から高校内容へとスムーズに進む事ができました。

また、自習中に出てきた分からないところは休み時間中に聞く事ができて、毎回分かりやすく解説してもらえたので、あまり苦しむことなく勉強に取り組めました。特に遅い時間まで授業をしてくれた小池先生には、感謝しかないです(笑

時間割は、高橋先生ができるだけ勉強できるように毎日予定を組んでくれました。各生徒に合わせてコミュニケーションを取ってくれるので、誰もが楽しく通える塾だと思います。他にはない魅力があると思っています。

そのおかげで、なんと私は、1か月で4倍の倍率を乗り越えて、日本体育大学に一般入試で合格する事ができてしまいました。ジャムスクールに通っていなければ、絶対にできなかったと思っています。

本当にありがとうございました!!

 

立教大学 理学部・学習院大学 理学部 他
D. K 君 拓殖大学第一高等学校 卒

私は全勝で大学に合格することができました。このような結果を残すことができたのは、主体性を持って勉強に取り組むことができたからだと思っています。

まず授業についてですが、私は主に英語の授業をリモートで受けていました。授業時に聞きたい問題を送るスタイルだったので、先生が目の前で問題を解きながら解説をしてくださいました。

今思うと少し迷惑だったかなとも思いますが、英語の問題の解き方が全く分かっていなかった私には、とてもいい授業だったと感じています。

数学、物理も同様で、どのように手を動かし始めたらよいのかを学べました。次に何をすべきかを常に考えながら、勉強に取り組めたかなと思います。

私の周りには学校の先生に勧められたからという理由で受験校を決めた人もいましたが、私は全てを自分で決めました。その大学についてよく調べるきっかけにもなり、自分自身と大学との距離をきちんと把握できたことで戦略が立てやすくなり、モチベーションアップにもつながりました。

最後に、私の我がままを聞いてくれてかなり遅い時間まで授業をしていただいたり、質問に答えていただいた先生方、ありがとうございました。

 

獨協大学 経済学部(AO)
Y. H 君 武蔵野二中→堀越高等学校 卒

サッカー漬けの毎日を送っていた私が本格的に受験勉強を始めたのは、高校3年生の秋でした。

ジャムスクールでは周りの生徒も勉強しているし、高橋先生が集中できる雰囲気を作ってくれたので、とても勉強しやすい環境でした。

私はスポーツを絡めての大学受験でしたが、面接だけでなく英語の試験も必要とされました。しかし、最初に過去問を解いた時は2割しか取れませんでした。

それでも授業や自習を毎日のように習慣化することによって、どんどん英語の成績が上がっていきました。最終的に、受験の直前には6割を超えられるようになり、半年で40点も上げることができました。

面接では、小池先生が言葉遣いや面接の時の礼儀、質問への返し方などを一緒に考えてくれたので、本番で予想外な質問が来た時も冷静に対処することができました。その結果、志望校に合格を果たすことができました。

これからAOなどを受ける人には、ジャムスクールをおすすめしたいと思っています。最後にジャムスクールにいた友人、そして先生方に感謝しています。

これまでありがとうございました。

 

2021年 中学部

都立小金井北高校
S. I. 君 田無四中 卒

私が受験生として過ごした1年間は、とても濃厚なものでした。

中3に進級する前から新型コロナのせいで学校が休みになり、ジャムの授業は6月までオンラインになりました。その間、クラスメイトに会えないのは辛かったです。

やっと学校が始まり、都立受験で大きなウエイトを占める2学期の成績表が渡されました。4つ上がっていたので、波に乗って勉強を進められました。

しかし、私立高校の受験の1週間前から体調を崩してしまいました。チャレンジ受験ではありましたが、実力を発揮することができず、数日間は食欲がない状態が続きました。先生方や友人がなぐさめてくれたので、何とか立ち直ることができました。

都立入試直前は、気持ちを切り替えて、今まで以上に集中して勉強に取り組みました。

しかし、入試当日に私は「やってはいけないミス」をしてしまいました。解答を書く場所がずれていて「15点分落としている」ことに、答案用紙の回収中に気が付いたのです。本当に悪夢のようでした。

「また落ちてしまうのか。」と落ち込んでいた時に、友達が私にかけてくれた言葉は忘れることはできません。「努力したやつは、いつか絶対に報われるよ。」

まさかの合格を知った時、いざという時に支えてくれた人たちの大切さを知りました。

私にとって、色々な面で成長したと思える1年でした。

 

都立青山高校・日本大学鶴ケ丘(特進)
K. N. さん 三鷹一中 卒

ジャムスクールは、私が中学生になってから入った初めての塾でした。当初の入塾理由は、中学3年生になってから周りの子が塾に通い始め、私も塾に通わなければいけないのでは?という不安からでした。

それまでは、基本的に自分でテスト勉強や日々の学習を進めていました。自分の成績に不満はなく、自分が得意なこと出来ること、不得意なこと、そしてやらなければいけないことは分かっているつもりでした。

だから、皆と同じテキストを使って同じ授業を受けると思い込んでいた塾というものに、全く興味がありませんでした。

でも、自分に合った教材を勧めてくれたり、自分が分からないことをピンポイントで教えてくれたジャムスクールは、とても自分に合っていて、充実した時間を過ごせました。

先生方は個別に対応してくれて、私が分かるようになるまで教えてくれたり、私がふと疑問に思った1つ1つのことを、その問題だけでなく、あやふやな箇所まで説明してくれたので、どんどん自分の守備範囲が広がっていきました。

特に国語の記述や数学の証明では、始めは何から書き始めて良いのか分からなかったのですが、ゼロから書き方を教えてもらい、1つの問題を何度も丁寧に添削してもらうことで、コツを掴むことができ、最終的に得点源にまでなりました。

私は家で勉強するのが苦手でしたので、授業のない時でもジャムスクールでずっと勉強できる学習環境は、とてもありがたかったです。

私に必要だった勉強量や、勉強の質、それら全てを教えてくれたのがジャムスクールでした。ここまで私を支えてくれて、本当にありがとうございました。