英検準2級合格(中学1年時)
Y. H. 君 市内公立中2年

「中1で準2級」こんな無謀な挑戦を、両親や先生方は快く受け入れてくださいました。

英検対策中、私は単語の壁に何度もぶつかりました。英検を受けてきた先輩方から「英検は単語だ」とよく言われていましたが、この言葉は私にとっては悪魔にしか思えませんでした。単語を頭に叩き込み、家に帰って一晩経つと、いびきと共に抜けていく…。

そんな辛いサイクルから抜け出せたのは、小池先生の「単語は1回で厚く塗って覚えるより、薄くうすーく重ね塗りして覚えた方がいい」というアドバイスでした。意識を変えたことで徐々に単語セクションの勉強が楽しくなり、正答率も少しづつ上がり、今回の結果を出すことができました。

私はまだjamに入って1年ですが、jamに入っていなかったらこのチャレンジはできなかったと思っています。実際に、今は2級を目指して日々努力しています。これからもチャレンジすることを忘れずに、もっと精進していきたいです。